博報堂プロダクツとLGディスプレイ、Mercedes me Tokyo(六本木)にニューノーマルなブランド体験を実現する次世代サイネージプログラムを提供

2020年11月25日

株式会社博報堂プロダクツ

LGディスプレイジャパン株式会社

 

博報堂プロダクツとLGディスプレイ、Mercedes me Tokyo(六本木)に
ニューノーマルなブランド体験を実現する次世代サイネージプログラムを提供

 

株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岸 直彦)と、LGディスプレイジャパン株式会社(本社:東京都中央区、法人長:南 漢勇)は、メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:上野 金太郎)が展開するブランド情報発信拠点「Mercedes me Tokyo(六本木)」において、ニューノーマルなブランド体験を実現する次世代デジタルサイネージプログラムの提供を開始しました。

 

リアルとデジタルの融合が進み、EC市場が拡大する中で、リアル店舗の役割は大きく変わりつつあります。これからのリアル店舗はリアルでしか味わうことができない驚きや感動を与えることで、ブランド・商品の魅力を深く理解していただきつつ、一方では効率化や省人化の実現と、安全性の確保が求められます。そこで今回、博報堂プロダクツが培ってきた、デジタルサイネージ導入における「戦略設計力」「コンテンツ制作力」「効果検証力」「ワンストップ対応力」を活かし、ディスプレイの分野において高いクオリティと数多くの独自技術を持つLGディスプレイジャパンと共に、非接触でインタラクティブなブランド体験を通じて、深い商品理解と次のアクションにつなげる次世代デジタルサイネージプログラムを開発いたしました。

f:id:hpr_sugiyama:20201124131545j:plain

 

Mercedes me Tokyo(六本木)は、「気軽にメルセデス・ベンツの世界観に触れてほしい」というコンセプトのもと、カフェ、レストラン、ギャラリーが併設されたライフスタイル提案型ショールームとして、常に新しい体験価値を提供し続けています。そしてこのたび、メルセデスの電気自動車「EQC」の訴求キーワードである「PERFORMANCE」「DESIGN」「CHARGE」を体感する新しい空間設計のひとつとして、本サイネージプログラムの導入に至りました。 これまで、現実世界とバーチャル世界が融合したMR(ミックスドリアリティ)体験を提供するには、専用デバイス装着が必要となるため、現場オペレーションの複雑化や、体験者が周囲と感動を共有することができないといった課題がありましたが、透過型有機ディスプレイ「シースルーサイネージ」と、非接触で身体拡張を直感的に感じることができる「ジェスチャーコントロールデバイス」を組み合わせた独自プログラムにより、誰でも直感的にMRの世界観を体験・共有することができるようになりました。本サイネージプログラムの特徴は以下の3点です。

 

特徴1:現実世界とバーチャル世界が融合した顧客体験の提供

約39%の透過率で、広い視野角を誇る透過型有機ディスプレイ「シースルーサイネージ」の導入により、ディスプレイ越しに見える実際の商品とスクリーン上の商品紹介コンテンツが融合し、より深く商品を理解することが可能となります。まるで車体に触れながら店舗スタッフが説明しているかのような新しい顧客体験を提供いたします。

より鮮明な映像をご覧いただくためにも、ぜひ現地にてご体験ください。

 

特徴2:非接触でのNUI(ナチュラルユーザーインターフェイス)の実現

画面に触れることなく、手や指のジェスチャーでコンピューターとやりとりできる「ジェスチャーコントロールデバイス」の採用により、誰でも簡単に、自然かつ直感的に、楽しくコントロールできるNUI(ナチュラルユーザーインターフェイス)が実現しました。シンプルな手の動きにあわせてコンテンツが動くため、身体拡張(※)を直感的に感じることができます。

(※)身体拡張とは、リアルとバーチャル、身体と機械を融合するテクノロジーの活用により、人間の可能性を広げること。

 

特徴3:オファー提供による試乗促進

店頭で最後まで動画視聴したユーザーに対して、オファーを提供することで、ブランド体験、商品理解に止まらず、次のアクションへと誘引します。「セーフティ」「インテリア」「エクステリア」といった動画カテゴリーの再生数や完全視聴率などを分析し、来場者が何に興味があるのかを把握することで、より効果的に試乗を促す動画マーケティングを実現します。

 

f:id:hpr_sugiyama:20201124132457p:plain

博報堂プロダクツでは、今後も先進テクノロジーを活用した店舗体験設計を通じて、DX時代の新しい前例をつくり、クライアント企業のさらなる成長に寄与してまいります。

 

 

【開催概要】

会場:Mercedes me Tokyo(東京都港区六本木7-3-10)

期間:2020年11月21日(土)〜2020年12月25日(金)

時間:短縮営業時間/11:00-20:00,通常営業時間/10:00-20:00

アクセス:https://www.mercedesme.jp/access/
f:id:hpr_sugiyama:20201124132443p:plain


 

【LGディスプレイジャパン株式会社 概要】

社名:エルジーディスプレイジャパン株式会社

代表者:南 漢勇 法人長

所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-3京橋トラストタワー12階

事業内容:液晶パネル、有機発光ダイオード(OLED)、フレキシブルディスプレーなどの製造及び貿易

 

 

■ 本ソリューションに関するお問い合わせ ■
株式会社博報堂プロダクツ リテールプロモーション事業本部
堤、神谷(かみたに)
TEL:03-5144-7262 FAX: 03-5144-7327

 

 

※文中に記載されている商品名及びサービス名は、各社の商標または登録商標です。
※この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますので予めご了承ください。

 

 

以上

f:id:hpr_sugiyama:20200330181208p:plain

 

 

本件に関するお問合せ
博報堂プロダクツ 広報部
tel:03-5144-7228