TOPICS : すべてのトピックス

#stayshoot うちで撮ろう

写真と映像のプロ向けウェブマガジン「SHOOTING」の#stayshoot企画に弊社フォトグラファーが参加しました。 「新型コロナウイルスに感染しない、させないために1人1人外出を自粛すること。 医療関係者、ライフラインや流通を支える人々に感謝しながら家でで…

データで顧客を理解しアクションへつなげる分析思考力の基本【2】

分析とアクションを立案する視点について、基本の「き」を整理する連載の2回目です。企業内に蓄積しやすく「お客様の顔が見えやすい」、1st Party Dataに重きを置いた内容となります。 連載1回目 では様々なデータが企業に蓄積され、分析力を武器にする企業…

CGで課題を解決!どんな時にCGが使われる?ーその3-

広告制作でCG/VFXが使われる場面について紹介をしています。(第1回はこちら、第2回はこちら) どんな場面で、どんな理由でCGが使われたのか、3回に分けてご紹介します! ※VFX:Visual Effectsの略で、現実には見ることのできない画面効果を実現するための…

CGで課題を解決!どんな時にCGが使われる?ーその2ー

広告制作でCG/VFXが使われる場面について紹介をしています。(第1回はこちら) どんな場面で、どんな理由でCGが使われたのか、3回に分けてご紹介します! ※VFX:Visual Effectsの略で、現実には見ることのできない画面効果を実現するための技術。 ※画像は全…

「キャリア教育」を通じて、専門性を地域社会に活かす松本早紀子さん 小学校訪問レポート

文部科学省が発表した新学習指導要領が、 2020年度から小学校でも全面実施されることに伴い、キャリア教育が注目されはじめています。ゆとり世代、さとり世代の登場で消費行動も大きく変化してきましたが、今まさに「学びの地図」が新しく書き換えられようと…

フォトクリエイティブ事業本部のオフィシャルサイト&SNS

フォトクリエイティブ事業本部はこの博報堂プロダクツ コーポレートサイト以外に事業本部のオフィシャルサイト及びSNSを運用しております。当社フォトグラファー、レタッチャーの作品や事例の紹介に加え、写真展のお知らせなど最新情報を掲載しています。 TO…

高橋秀行 個展「カラス」開催中

当社フォトグラファー・高橋 秀行の写真展「カラス」がライカプロフェッショナルストア東京にて5月まで開催しております。発売前のライカS3をはじめSシステムで撮りおろした作品を展示しています。作品集も会場にて販売しております。お近くにお越しの際はぜ…

コマーシャル・フォト 4月号に作品掲載

現在発売中のコマーシャル・フォト4月号に当社のフォトグラファーが多数掲載されています。 4月号の特集は、国内・外のプロフォトグラファー52名による「THE NUDE 2020」。フォトクリエイティブ事業本部のシズルチームdropから、亀井友吉、平田正和、古川泰…

顧客の心を動かし購買行動を促すVMD5つのポイントとは

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)という言葉はご存知でしょうか?アパレル店舗のディスプレイや、オシャレな店舗デザインをイメージされる方が多いのではないでしょうか。私たち博報堂プロダクツが考えるVMDとは、選びやすく買いやすい売場を作るため…

2021年採用エントリー締切延長 6/8 12時まで

映像クリエイティブ事業本部では「映像プロデュース職」「映像ディレクション職」の2職種の採用エントリーを受け付けています。映像/映像制作が好きで、映像の仕事がしたい人!エントリーお待ちしております。 好きなことを仕事にする。好きなことを仕事に…

「Next Film Lab.」始動!〜最新機材マイクロスコープレンズによる”The Songbards“ MVを制作〜

映像クリエイティブ事業本部とフォトクリエイティブ事業本部の共同プロジェクト「Next Film Lab.(ネクストフィルムラボ)」。最新テック・リサーチ・アイデアを武器に劇的にあたらしい映像や効率的なつくり方などを研究開発し、これまでに見たことのない映…

「買わない理由」を売上アップにつなげる店頭プロモーションとは

店頭プロモーションを考える際に、とにかく集客できれば売上につながるはず!と考えている方も多いのではないでしょうか。しかしどれだけ集客に力を入れても、売上が伸びずに困っているというお悩みは後を絶ちません。せっかくお店まで足を運んでくれたのに…

キャンペーン景品のキホン ー品質保証 編ー 「縫製品の安心安全を守る2つのポイントとは」

私たちプレミアム事業本部では、様々な素材で、ありとあらゆる製品をこしらえています。中でも縫製品は、多くの品目を扱っている代表的な製品です。Tシャツ、ブルゾン、トレーナーなどの衣料品はもちろん、バッグ、ポーチ、ペットボトルホルダー、タオル、手…

3Dプリンターで、ものづくりが変わる!木場開発工房 プロトタイピング体験レポート

「プロトタイピング」とは、頭の中にあるアイディアやデザインの仮説を、実際のカタチにし、低コストかつスピーディーに検証・改善していく、今後のものづくりに欠かせない手法と言われています。AI、IoTといったデジタル変革により、ものづくりの現場ではど…

博報堂プロダクツのコンタクトセンターとは

広告制作事業会社でコンタクトセンターの組織があると説明すると、驚かれることがあります。博報堂プロダクツの「コンタクトセンター」と従来の「コールセンター」との機能の違いを簡単に紹介します。カスタマーコンタクト部(以下、CC部)では、通常のコー…

ダイレクトマーケティング職の仕事とは?

そもそも「ダイレクトマーケティング」って何でしょう?とても簡単に説明すると、「ダイレクト」+「マーケティング」なので、「生活者に直接、売れる仕組みをつくる」こと。一般的なマスマーケティングは、その広告でどれだけ商品が売れたのか、サービス利…

EC業務対応の専門部署新設!

カスタマーリレーション事業本部では、2020年4月にEC業務に対応する専門部署である「ECソリューション部」を新設しました。「ECソリューション部」では、EC事業の設計から戦略立案、プロモーション制作、ECサイト構築、システム開発、ECサイト運営、フルフ…

リテールテクノロジーで変わる店頭プロモーション対談 #1

さまざまなものがデジタルシフトしていく中、人手不足に悩むリアル店舗で活用できる「リテールテクノロジー」が大きな注目を集めています。センサー技術、画像認証、AI技術の進化により、これからの「売り場」どのように変わっていくのでしょうか。各分野の…

デジタルテクノロジーのチカラで 新しい顧客体験をつくるデジタルプロデューサー

5G通信の実用化など、いよいよ新しい時代が始まる2020年。変化の激しい時代を切り開くためには、XR領域をはじめとする新技術を自在に活用しながら、変化を味方につけることができる次世代のチカラが不可欠です。 デジタルネイティブの感覚を活かした新しい顧…

個性豊かなチームが挑む!ソーシャルビジネスの新たなカタチとは

SNSの普及、テクノロジーの進化により、「個人」が影響力を持つ時代となりました。企業やブランドが、生活者からの信頼を勝ち取り、つながり続けていくためには、企業としてだけではなく属人的な本音ベースの関係構築が不可欠です。しかし、企業コミュニケー…

CGで課題を解決!どんな時にCGが使われる? ーその1ー

最近ではとても身近になったCG技術。実は皆さんが普段見ている広告映像にも、たくさん使われています。CGだ!とすぐ分かるものもあれば、これってCG?!と思うほどリアルなものまで様々ですが、なぜCGを使うことになったのかご存知でしょうか?広告制作の場…

データで顧客を理解しアクションへつなげる分析思考力の基本

データ活用と求められる分析思考力生活者と様々なモノがリアルタイムにつながり、コミュニケーションの有り方が大きく変わり始めています。1日中365日あらゆるデータが蓄積され続け、そして分析力を武器に成果を見出す企業が日増しに増えています。 ・PCやス…

これからのコミュニケーション設計を考える 顧客時間×博報堂プロダクツ

行動データから顧客を理解し、アクションにつなげるためには何が必要なのか? コミュニケーションを本当に深化させる、デジタルとアナログを融合させた体験設計とは? 博報堂DYグループの株式会社顧客時間の岩井琢磨代表取締役と同奥谷孝司取締役、そして…

ビジネス指標とエンゲージメント指標の両立が生むデータ活用の「成果」

突然ですが、データを活用して皆さんが生み出したい成果って何でしょうか? 当然、クライアント企業の売上はわかりやすい成果ですが、ビジネスに直結する成果だけでは不十分、という話を最近よく聞きます。 「LTVがそこまで高くはないけど長くAブランドを利…